小学生なら何故ランドセルなのか?

小学校に入学するとなった時に、誰もが揃えようかと迷うのが学習机とランドセルなどだと思います。

しかし日本独自の文化である小学生の通学スタイルであるランドセルは、小学生にはかなり高価に感じる高額な商品でもあります。(※フィットちゃんランドセルオンラインショップ)

現に購入を迷う理由として挙げられるもののほとんどが、小さな体には重すぎるのではないかという疑問とともに挙げられる「高価すぎるので」というものがある。

確かに、ブランドのバッグでもない限り、私たちの生活で使う平均的な鞄も3・4万もするものを購入するさいは決して安いとは思わない値段であるので、それを指定ではない限りはたして本当に必要な出費なのかと迷うのも当然だと思います。

何故ここまで普及して長く続いているかを考えて見ると、すぐ挙げられる理由としては「丈夫」ということと「安全」ということの2つが強い意見として必ず出てくるようです。

確かに小学1年生に4万弱の鞄を買うと考えるとかなり高価なものに感じますが、6年間毎日使うと考えて換算すると決して高いとは思わないのではないでしょうか。

その6年間毎日の使用に耐えられる丈夫さの為の作りと考えると、革でしっかりと頑丈に作られているものが重いのも納得のものとして結果ランドセルが受け入れられるようです。